就活塾 習得

就活塾で身につくもの | 就活塾LEO

就活塾で身につくもの

実際就活塾に入ったら、どんなことを教えてくれるのでしょうか。
またあなた自身どんな能力を身につけることが出来るのでしょうか。

 

今回は就活塾で具体的に得られるものについて紹介したいと思います。

 

 

就活塾で得られるもの

 

就活塾で得られるものはたくさんあります。

 

就活スキル

 

まずは就職活動に最低限必要なスキルです。

 

例えば

・エントリーシートの書き方
・履歴書の書き方
・社会人としてのマナー
・面接のノウハウ

などです。

 

これらはあくまでも最低限必要なスキルです。
あれば内定がもらえるというよりは、このスキルくらい身についていないと、
どの企業でも門前払いを食らってしまうでしょう、というもの。

 

思いだけではこの就職難は乗りきれません。
少しでも内定がもらえる確率を上げたいのであれば、こういった基本をしっかり身につけておきたいものです。

 

 

自己分析・自己PRの仕方

 

面接本などでよくある質問とその回答を覚えるだけでは、相手の面接官にすぐに見抜かれてしまいます。

 

自分とは何か?自分は何をしたいか?をしっかりと自分自身で把握し、
それを整理して相手に伝えることができるか?

 

このことは、これから就職をして企業の中で働いていく上でとても重要なことです。
しかし意外と「自分を客観的に分析」し、それを「相手にわかりやすく伝える」ことは難しい。

 

特に理系の学生で多いのは、得意分野のスキルや知識はとても豊富で優秀なのに、
それをうまくアピールできず、採用に至らないというケースです。

 

そんな人たちでも、自分の能力や性格、進みたい将来をちゃんと把握し、
相手に印象に残る形で伝えることができるようにサポートしてくれるのが就活塾です。

 

 

即戦力としての人材育成

 

就職難の時代、各企業もじっくり人材育成と言うよりも即戦力で使える人材を求めています。

 

例えば、新入社員で意外に多いのが、パソコンをまともに使ったことがない人。
携帯文化の発展で、逆にパソコンを利用する機会が減っており、
大学でも論文を書くのに少し文書ソフトを利用したことがあるくらい、という人が増えているのです。

 

しかし企業に就職すると、どのようなジャンルでもパソコンでの作業は求められます。
このときパソコンを使ったことがありません、教えてください、では使い物になりません。

 

パソコンの設定、メールの使い方・マナー、インターネットについて、代表的なアプリケーションの使い方。
これらを知っておくだけでも、使える人材としてのポイントが上がります。

 

これは基本的なスキルですが、就活塾ではそれ以外にも即戦力として役に立つスキルの習得をサポートしてくれます。


ホーム RSS購読 サイトマップ