GD(GroupDiscussion)

「GD」ってなんですか | 就活塾LEO

「GD」ってなんですか?

GD(GroupDiscussion)は個人面接の前に実施されることが多い、
複数人の学生によって与えられたテーマについて討論する試験のことです。

 

GDは仕事や組織内での自分の動き方のアピールになりますので、
ぜひコツを掴んで上手く面接官に印象づけられるといいですね。

 

「GD」ってなんですか?

目的

GDは、同じグループになったメンバー同士であるテーマについて討論を行います。
ただしその討論の結果がどんなものになるかは問題ではありません。

 

ある課題が発生した場合、組織としての結論を導き出すために、
どのようにたち振る舞うことができるかを判断することを目的として行われます。

 

手法

1グループ4人から6人のメンバーで構成されます。
そしてメンバーの中から司会役や書記役、タイムキーパーなどが選ばれ、
各人がそれぞれの役割を果たしながら、与えられたテーマについて話し合いを行います。

 

GDのコツ

GDには押さえておきたいポイントが3つあります。
以下のポイントを押さえておけば、面接官に印象づけられる確率が断然上がるでしょう。

 

また、私生活からこの3つの点を意識して行動することで、
GDでのここぞと言う時に、自然に振る舞えますよ。

 

できる役割を果たす

司会が得意な人は司会に立候補してもよいですが、苦手なのに無理して司会に立候補することはありません。
討論だから司会が有利ということはありません。
司会進行は他のメンバーに任せて、話をよく聞き、的確な発言をすることを心がければ良いのです。

 

相手を尊重する

討論となると自分の意見をアピールしたがる人がいます。
ですがそれでは組織はまとまりません。

 

相手の言うこともよく聞き、理解/尊重した上で、自分の考えを述べるようにしましょう。
他の誰かを攻撃したり、誰かの意見と真っ向から反対するのもよくありません。

 

場を和ませみんなの意見を引き出す

我が我がとアピールするのではなく、みんなの意見を引き出す役割を心がけてみるのもよいでしょう。
全体を見渡し、それぞれが意見を言える雰囲気を作り出すのも重要な役割です。
「みんなで一緒に合格しよう!」といったスタンスのほうがうまく討論が進むかと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ